「Garage」カテゴリーアーカイブ

村瀬康治 MS-DOS三部作

MS-DOS1980年代パソコンの日本語表示は、CPU能力が低い為、本体のROMに頼っていた。
OSはMS-DOS、アプリもDOSベースでコマンドで起動。

初めてのPCは24BitマシンNEC RA21のセット(総額110万円超)をローンで購入。
起動の順番にメモリーを割り当て、FEP(日本語表示)を置き、アプリケーションの起動・終了毎にメモリーの割り当てetc。
本書を参考に、マイフェイスというエディタを使い、batやexeを書き換えて今では当たり前のメニュー画面等を創っていた頃が懐かしい。
今はすっかり忘れましたが、未だに、フォルダをディレクトリーと言っている私です。

NECから立派なMS-DOSの書籍が付いていましたが「入門」「実用」「応用」に分かれて書かれた説明書に引きづり込まれました。  この書籍で日本語技術情報が乏しいJAKARTAでも何とかWindows3.1機購入迄の使う事が出来ました。

丁度、日本ではPC-98 対 DOS/V(AT互換機)の頃で、JAKARTAのパソコンショップでDOS/VはMS-DOS5.0と思われ通じなく。 AT互換機はアルファベット以外の国だけのマニアの世界であった。

雑誌でデックやウシマーク(Gateway)、山口のフロンティア神代など・・・etc
マザーボードやメモリーなど単体での通信販売も、バイク雑誌の巻末広告のようで遠い存在でした。
帰国後、しばらくして配属された現場が大阪なんば、道路の反対側は日本橋。
昼食後の散歩に電気街を探索。 ぐっと身近なものとなりました。 環境は大切なものですね。

DOSV

DOS/Vとは

最初は、もんじゅ高速増殖炉発電所建設工事で赴任していた敦賀の豪邸借家の音楽ホールに妻のグランドピアノと並んで鎮座。
海外赴任時は通産省に輸出許可を取り、ピアノ・家具と共にジャカルタに運び、日本語での情報収集にニフティのアクセスポイントに国際電話で接続。 今では想像がつかない高額なIT生活でした。

[`evernote` not found]

ベテルギウスの超新星爆発

Betelgeuse01 解らない「天文学」
野本陽代さんが魅力いっぱいに話しかけてくれる。

でも、さっぱり解らない。

でも、ブラックホールに引き込まれるように、一旦は抜け出すのだが黄色い背表紙に魅かれ手にする。

Betelgeuse02

 

 

デスクの棚に、脈絡のないブレークタイムの書籍十数冊の仲間入り。⇒

また、一小節だけ読み進み、パソコンで宇宙を探索。


まるで、この本がロケットで私を宇宙に送りこむように。


Support Wikipedia

YouTube Preview Image

index_img01

[`evernote` not found]

クラカトアの大噴火

Krakatau-00帰国10年過ぎた頃、堂島のジュンク堂に子供たちの本漁りに付き添い。  ほとんど図書館の位置づけ?。

一人、喫茶で時間潰すも2時間が限界。 喫茶コーナー近くの「地学」の本棚で時間潰し中に手にする。

466頁のハードカバーで、眺める心算が「序」からいきなり引きづり込まれる。
カラー写真がある訳でなく、白黒の地図・データでびっしり。
あの港、あの山、あの集落、・・・思い出を重ねて・・・・。

安易に読み進むのが勿体無くて、じっくり味わうため レジヘ。


インドネシアのジャワ島とスマトラ島の海峡 ”Selat Sunda”(スンダ海峡)の中程に浮かぶ火山島。

1883年8月27日に大噴火を起こし、多くの犠牲者をだした。 衝撃波は地球を7周して爆発音は約5,000Km離れたインド洋のロドリゲス島まで届いたという。

Google


その時の、現地やBatavia(現:Jakarta)での前後の様子を克明に記録した書籍。


Krakatau-02Krakatau-01

インドネシア在住時は、同僚に「象に乗って”サイ”をSee Hunting」の誘いの際、そのあと上陸の話があったのですが実現せぬまま帰国。 残念至極。

バタビアの響きの頃、南国の生活に憬れる。

日本に劣らず、火山の国 Indonesia 観光地化されていない秘境も多く、兎に角 ”魅力的”

人々も、文化も、海も、山も、空も、夜空も、見上げた木々に実るフルーツも

現在のクラカタウは知って、書籍を読むとより一層の味わい。


Support Wikipedia

 Krakatau-04
「ダルウィンのなんでも飼育栽培記」さんの
クラカタウ島上陸のレポート

この写真は、インドネシア国営の鉄鋼会社クラカタウ・スチールのイメージとぴったり。

YouTube Preview Image

[`evernote` not found]

フライトコントローラー

ST-THRUSTMASTER(THRUSTMASTER) F-16 FLCS+TQS

知る人ぞ知る名機。

MSフライトシュミレーターが開発中止になって久しい。
ThrustMasterが好みだか、パソコンに接続が出来なくなって・・・。 シニアル接続~~~USBに

U.S. Air Force A-10CのHOTAS WARTHOGのギミックでカッコ好いのが発売中。(2013現在)

Screenshot of www.thrustmaster.com

世の中がUSB接続に変わり、やむなく後継機種を探しSaitekに・・・・。

ST-Saitek X52

Saitek X52 Pro Flight Control System

随分と明るい感じ。セスナを飛ばす雰囲気。

DOSからWindowsに変わった感じの設定類。

でも、いまだに機能の一部しか使っていない。

ヘリコプターを自由に飛ばしたいのだが何時になることやら。


X52ProでMSFのジャンボ機を伊丹空港テイクオフ。
宝塚上空で左旋回、堺上空から関西空港へ進入。 自宅窓からの景色とパソコン画面を見比べながら。結構、実際と合っているな~。 と、一人ご満悦。

Screenshot of www.saitek.com

View

このマンションに、数名パイロットの方がおられるのが納得の景色です。

ハイヤーの運転手が玄関前で待機、玄関ロビーからアタッシュケースを片手にキャリーバックを引く制服姿の男性、運転手に荷物を預け後部座席に乗り込む。・・・・バス停でバスを待つ我々の前で繰り返された光景。   ・・・・・定年前

マンションの駐車場前で、幼稚園の送迎バスを待つ数組の親子。 駐車場の扉を開け、両手にゴミ袋を提げたジーンズ姿の初老の男性が駐車場を進み、ゴミ集積場の扉を開け、ゴミ袋をボックスに投げ入れる。 ・・・・駐車場前で幼稚園の送迎バスを待つ数組の親子の視線を浴びる 月曜・水曜日。   ・・・・・定年後


最近は、お手軽なiPhoneアプリのX-Plane-4Gで寝る前のワンフライト

X-Plane

Screenshot of itunes.apple.com

YouTube Preview Image
[`evernote` not found]

インドネシア製 銀製ペーパーナイフ

Paper knifeジャカルタのパサラヤ(デパート)で購入。
安価で少し作りが悪いですが重宝しています。
曇ってきたらコピー用紙で磨いで居ます。 若干、細く・薄くなってきたかな。

表はべっ甲、裏は銀の透かし模様があり時と共に風合いが出てきました。
本帰国の際、お土産に買って帰りお世話になった方々方に贈り大変喜ばれました。
費用対効果、手荷物に嵩張らない等々、お土産に最適。
その後もデスクに立ち寄ると、ペーパーウェイト代りにさり気なく使用されており嬉しくなります。

以上は、インドネシアが観光だけの未体験者の話。 駐在経験者は、サラック、ランブータン、ドュク、マンゴスチン そして チャベ を贈ると ニヤッとして受け取ってもらえます。

1990年頃は西武百貨店が指導に入り、品揃え・センスが変わり楽しい場所になりました。
今のホームページでは随分と変わっていますが、香りは十分に嗅げます。  ・・・貴重品は持たずに、気軽に汚い恰好で散策してください。

(当時はそうでしたが、随分しゃれたビルに変身!!  )

PASARAYA


 

[`evernote` not found]

Lotus Officail User’s Card

Lotus知識は別として、パソコン歴は黎明期からと経験は長い。 そして、会社で生き残れたのは年の割にパソコン恐怖症がなくExcelなどのスプレッドシートを武器として使えたから。(DataBase・関数が得意)

1990年代は、使えない上司のデスクに最新機が鎮座。PCに詳しい若者ほど旧式機をあてがわれていた。 😆

私の所属した重役手前の部長などは、ウィルス対策に「NETにつながるパソコンは部内にメールを見るための1台あればよい」と100名以上の部署に巣作る狸が鎮座していた。

そんな所は嫌!!、脱出を試みて・・・・・・・人事担当部長へ

それがばれて、「彼は必要な人物」という事で拘束。
しかし陰鬱な「重労働+刑期加算」の懲罰を受けました。


そのように1990年前後は国内ではパソコンが、まだ特別な物であった時期、赴任したインドネシアではスタッフが普通に仕事で使用。
さすが、タイプライター文化の違いと認識。

一応、勤めていた会社は世界一の塔を建設した理工系企業ですが、当時は上下組織の弊害か見受けられました。
私には本社・本店両方のシステム関連部門に知人がいた事により、年齢の割りにその世界を知ることが早かった。

彼らとの出会いに感謝の想いです。


そのような訳で、30歳にならんとする1980年頃よりパソコンに触れ、購入したアプリなどで、MicrosoftはもちろんLotus, JustSystems や @nifty などのIDナンバーは旧車のナンバープレートを彷彿する番号です。


 

 

[`evernote` not found]

Rabbit Foot

rabbit foot「兎の足(本物)のお守り」

大手町中学校の親友「中野 豊」から中三夏休みのハワイ旅行のお土産にもらった。
本物の足先で少し退けました。  ;(>>)

会社社長令息の彼とは、生活レベルが大きく異なっていたが学業成績はちょぼちょぼ。
彼は高校からアメリカに留学に行き、私が社会人になり広島を離れて数年後、彼の実家の会社が倒産。
以後、彼や御家族とも連絡が取れなくなった。

あれから半世紀近く合っていない。  元気でいるだろうか。

(YMCA全国統一テストで受験者10万人超でも彼とは400番と離れていなく大笑い。 因みに、私はWMCA全国統一テストで1番を取ったことが有る。(受験番号が!!!)

・・・娘たちの試験の折に話すネタで、ひんしゅく物 😳

Screenshot of ja.wikipedia.org

生存の象徴といわれ「幸運のお守り」と言われても・・・・。 では・・・。

自分の「生存のシンボル」をされるのを想像してしまう。
よって半世紀の間、引出しの中で陽の目を受けず白く輝く脚先。

[`evernote` not found]

HONDA CB400SF

Honda CB400SF平成7年(1995年)登録の18年経過のお年寄り。
クラシック入り前の、金欠暴走族御用達の車両。
サービスエリアでは、高性能マシンが集うバイク駐車場から離れて停める日蔭者です。

がっ、鞭打てば・・・・。
そこそこ駆けります。
来年夏にはこれで北海道を狙っています。

(写真) 駐車場の特等席で爆睡中。

やっぱ。  若いのはいいね

Screenshot of www.honda.co.jp

 

[`evernote` not found]

Zeiss Ikon Ikonta (‘Baby Ikonta’)

Zeiss-Ikon-Ikonta貧乏農家の長男が進学を反対され家出。
大変な苦労をして京大に進学。 卒業後、現在の中国電力となった配電統制令前の出雲電気に入社。
その給与で購入したカメラ。 以降、家族を撮り続けた。 長男が遺品として持っていたが、昨年、私が譲り受けた。
「レンズ(Carl Zeiss)が良いから映りが違う」と父が言っていたのを思い出す。 1930年頃の物

Screenshot of ja.wikipedia.org

wikipediaでは、どうやら1930年代前半のIkonta520らしい。

フィルムがもったいないと、赤窓でフィルム番号を確認して撮影済み部分を切り取り、残りフイルムをまたカメラに仕込んでいたのを思い出す。 器用な親父であった。

[`evernote` not found]

Hewlett Packard 200LX

HP200LX知る人ぞ知る。 ポケットコンピュータ。
モデムカードと専用ケースで肌身離さず利用しました。

単3電池 2本で1月以上。 ポチポチ感が堪りません。

関谷 博之さんのバイブルに随分とお世話になりました。Lotus123もあり。 20年前にこの機能。

HP200LX_CP

 

先日、予備のConnectivity Pack HP F1021Bをオークションに出したところ落札。
マニアの方に引き取られて行きました。

物とはいえ、違いがわかり末永く大切にされる方に引き取られたこと、大変うれしく思いました。

オークションの良い点の一つですね。

Screenshot of ja.wikipedia.org

HPHPのサポート品質・体制はうれしい。

パソコン画面に書かれた回答マニュアル通りの回答でなく。 本当の技術者が対応してくれるプロ・ユース。
メーカー以外でもネット上のサポートも充実。
現在も、「HP200LXの部屋」などググれば数多くヒットする。

 

Screenshot of www.yo.rim.or.jp

HP200LXの話


HP200LX_AC

HP200LX_BookHP200LX_Case

 

 

 


 

 

[`evernote` not found]